私たちが伝えたいのは、自由で温かいヨーガの教え。
訪れる方がホッと安心できる場を作りたいのです。

講師プロフィール

齊藤 素子 医療従事者の方へ

医師、医学博士、全米ヨガアライアンス300時間認定ヨーガセラピスト、 全米ヨガアライアンス500時間認定ヨガインストラクター、 レイキプラクティショナー、アーユルヴェーダ・ライフスタイルカウンセラー

富山医科薬科大学(現富山大学)医学部卒業後、第2外科(消化器外科・乳腺外科)に入局。大学の関連病院で約17年間、臨床医として癌に対する治療を中心に経験を積んできました。24時間、ほぼ毎日オンコールというストレスフルな生活を送っていた中、2006年3月にアシュタンガ・ヴィンヤサ・ヨーガに出会いました。
同年9月、1週間の夏休みを利用して、Yoga Thailandを訪れて以来、ほぼ年に2回、Yoga Thailand (現Samahita Retreat)を訪れ、Paul Dallaghanとその師であるShri O.P. Tiwariからプラーナーヤーマ(呼吸法)を、Paulからアシュタンガ・ヴィンヤサ・ヨーガを学んできました。
日々の臨床の中で、現代医療の偏りや限界を感じ始めた頃、自分自身がアーサナと特にプラーナーヤーマの実践によってストレスが確実に軽減されていること、自分の心の安定が得られるようになってきたことを実感し、それを患者ケアに活かせないだろうかと考え始めました。セラピーやライフスタイルとしてのヨーガに興味を持つようになったのは、その頃からでした。
2008年日本アーユルヴェーダ・スクールにてインドの伝承医学であるアーユルヴェーダ・ライフスタイル・カウンセラーの資格を取得。同年富山大学の医局を退局し、カリフォルニアのAnanda Seva Missionにて全米ヨガアライアンス認定300時間のヨーガセラピストの資格を取得しました。
その後、マタニティーヨーガ、陰ヨーガ、ヨーガニードラ(Richard MillerによるiRest Level 1)他、さまざまな医療的なアプローチに通じるヨーガのトレーニングを受けました。
2009年4月より福井県の病院で常勤医として勤務を再開し、健康診断でのカウンセリングや、内視鏡検査施行時のリラクゼーションとして、呼吸法などを伝え始めました。
2011年3月Samahita Retreatにてティーチャー・トレーニングを受けている時、東日本大震災が発生しましたが、すでにそのトレーニングの直後に開催されるTiwarijiのプラーナーヤーマ・リトリートに続けて参加することになっていました。そのリトリートでプラーナーヤーマは自己免疫能を上げる効果があるとTiwarijiから再度聴いたこと、震災によって心に傷を負った多くの日本人のためにヨーガの教えが必ず支えになると確信し、Tiwarijiに日本に来てくださるよう手紙を手渡しました。そして、そのリトリートの間に来日が決定したのでした。
2011年4月、福井県福井市西木田にヨガスタジオ・チャンドラをオープン。
同年10月Samahita Retreatにて、全米ヨガアライアンス認定500時間のヨガインストラクターの資格を取得。
2012年4月よりTiwariji来日の準備として、東京、富山、名古屋など各都市で、プラーナーヤーマのワークショップを開催し、その中でしんのすけ先生とご縁が出来ました。
同年7月に初めてコラボでワークショップを開催し、その後定期的に一緒にクラスをする機会に恵まれました。
2012年11月、インドのカイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所でTiwarijiによるプラーナーヤーマ中級コースに参加。
将来的に西洋医学的な医療と、ヨーガセラピーを含む統合的なケアを合わせたものを提供したいと考えるようになり、2013年4月で常勤医師としての病院勤務を一旦終え、学ぶための時間を優先。
2013年5月Tiwarijiをチャンドラにお迎えし、プラーナーヤーマ・コースを開催させていただくことが出来ました。
現在、福井県内の病院で乳がん患者さんを対象としたヨーガクラスを開催している他、日本各地でプラーナーヤーマのワークショップ、実践クラスを行っています。
2013年11月から12月に、再びカイヴァリヤダーマを訪れ、プラーナーヤーマの上級コースへの参加とティーチャー・トレーニングに参加。
2014年1月末からの2週間、日本人グループのためのTiwarijiによるプラーナーヤーマ・コース第1回を、カイヴァリヤダーマで開催。
その後も定期的にカイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所を訪れ、自分自身の学びを深めるよう努めて参りました。
2014年12月5日に、カイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所と正式に協力関係を結ぶ栄誉を頂き、2015年1月、カイヴァリヤダーマの全面的な協力の元、「腰痛緩和コース」、「ティワリジから学ぶプラーナーヤーマ・コース」、「パンチャカルマコース」の3コースを連続して開催致します。今後も、カイヴァリヤダーマの伝える伝統的なヨーガを真摯に学び、それを日本の皆様にそのままお伝え出来るよう努めて参ります。
そして、医学的な知識とヨーガの経験を融合した、セラピー的なヨーガの実践をお伝え出来たらと願っています。

賛同者の声

チャンドラでは、医学的な知識と経験を基にヨーガをお伝えしています。 ヨーガの補完代替医療としての可能性に注目しているヨーガ施設や病院など、 日本だけでなく海外からも理解と協力を得ています。

Tiwariji先生

O.P.ティワリ

親愛なるモトコへ
私は、あなたが人類に対するヨーガの普及に努力していることを確信しています。それは、私の師であるスワミ・クヴァリヤナンダが「ヨーガは人類に対する完璧なメッセージを備えている」と言っていたことの歓迎すべき一歩だと。私は、あなたの努力が平和と調和、そして人類愛に対する内なる強さをもたらしますようにと、真摯に願っています。全ての成功がもたらされますように。

KaivalyaDham

スディール・ティワリ

スディール・ティワリ

Kaivalyadhama International Canada

Yoga & Wellness Chandraが、ヨーガの実践、特にアーサナとプラーナーヤーマの実践を、伝統的な手法で、多くの日本人の皆さんに伝えることが出来ますよう、願っています。

<span style='font-size:0.8em;'>ジャガディッシュ ブフタダ</span>

ジャガディッシュ ブフタダ

ドクター

チャンドラ・スタジオが、ヨーガとアーユルヴェーダに基づいた健康的なライフスタイルの実践方法を伝えることは、多くの人の役に立つと確信しています。その活動は、喜びと幸せに満ちた未来を日本の人々にもたらすでしょう。

木下景子

木下景子

IYCインストラクター

輝く原石を誰もか持ってます。 その原石を自ら識る事へと導いてくれるのが ヨーガの智恵。 それはsimpleで深く真摯で温かい。 チャンドラには、そのエネルギーに充ちています。 それは、誰もが平等にこのヨーガの恩恵を受ける事が出来ますよ。とまるでチャンドラ(月)の慈しむ光が、それぞれの原石に語りかけてくれてるようです。

中村尚人

中村尚人

株式会社P3 理学療法士ヨガインストラクター

素子先生の様に医学の知識のみならず、ヨーガの実践者である方はとても稀です。私自身、先生から叡智を伝えてもらえる一人として、とても有り難いと思っております。ヨーガをこれから実践していきたい方のみならず、今迄様々なヨーガの流派を実践されてきた方にも大変オススメの先生であり、またスタジオです。

カマフォード千恵子

カマフォード千恵子

IYCインストラクター

わたしはカイヴァリヤダーマでティワリ先生にお会いして、その誠実なお人柄にふれて深い感銘を受けました。ティワリ先生のすべてを包み込んでくださるような、その大きな存在はまさしくヨーガそのものでした。素子先生はその教えを正統に受け継いで、日本の皆さんにお伝えすることを使命とかんじていらっしゃるように思います。チャンドラが、あなたのヨーガをより良い方向へと導いてくれるでしょう。

近藤真由美

近藤真由美

米国ヨガアライアンス認定講師(ERYT500) アーユルヴェーダヘルスコーディネーター

伝統的なヨーガの技法を、安全に正しく指導するヨーガ実践者であり医師である貴重な存在、素子先生のスタジオです。近代的ヨーガ研究のパイオニアであるカイヴァリヤダーマ研究所の教えを、そのまま日本に届けてくださる事にも感謝しています。ヨーガから期待される効果を伝え、誰もが継続して実践できるように導いてくれる安心して帰れる場所、それがチャンドラです。

カイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所との提携について

2014年12月5日、インド政府公認のヨーガ研究施設であるカイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所の協力施設として、日本で初めてYoga & Wellness Chandraが認定され、正式に了解覚書を交わすという名誉を頂きました。

今後5年間の契約として、
*乳がん経験者に対するヨーガセラピーを含む、リサーチ協力
*カイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所の講師を日本に招いて開催するワークショップのオーガナイズ
*カイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所で出版されているテキストの日本語への翻訳
*カイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所での日本人対象のコースのオーガナイズ
*カイヴァリヤダーマ・ヨーガ研究所の標章を使用する許可
が明記されています。

カイヴァリヤダーマから学んでいる伝統的なヨーガの教えをお伝えするには、私自身まだまだ未熟であることは承知しております。
そのうえで、いただいた貴重な機会を遂行するため、真摯に努力して参る所存です。

今後とも、一層のご指導ご支援をお願いいたします。

Yoga & Wellness Chandra主宰  齊藤素子

"プラーナヤーマの実践は、どんな時も、心に染み入るようなあたたかさと穏やかさがありました。 学びの場の空気も同じでした。 実践が生活の一部になると、日々の中に気づきがうまれ、変化しました。 一日一日を大切に過ごしたくなるのです。 呼吸法としての学びも多くありましたが、日々過ごす中に、多くの大切なことがあるのだと実践が気づかせてくれたのだと思います。 これからも、私の生活の一部としてプラーナヤーマを練習していけたらと思っています。"

− 山本綾

"いつも受講するたびに心身が浄化されていくような安らぎを感じています。過去のトラウマや悲しい出来事が、ふと心をよぎり、心がざわめき辛い時、これでよかったのだろうか?と、自分の判断に迷った時、落ち込んだ気持ちを誰にも気付かれないように振る舞っていても、さりげなく気付いて、声をかけてくださる素子先生に いつも心から感謝しています。素子先生の講座は、私にとって、自分自身を見つめ直し、受け入れるための大切な時間となっています。"

− 塚田由佳

"全ての方に恩恵が与わるように…と 育て中の私でも参加出来るように、いつも配慮して下さるので、息 だけに恩恵が与わっているのでは無く、両親、家族…にも、伝わっ の言葉からだけで無く、私の内側が広がったモノを何と無く感じて 子先生がティワリ先生から受けた恩恵を惜しみ無くお伝え下さるの 話を聞く度に、胸の真ん中が、柔らかくなり、温かな光を感じます。"

− 牧野宏美

誰もが自分に合うヨーガと出会うために

ヨーガは健やかな生き方へ導く実践であり科学です。

今を感じる

ヨーガは、今この瞬間を感じるための実践です。考えすぎるのではなく感じること。ヨーガは生き方そのもの。それを一緒に学びませんか?

ライフスタイル(生き方)が変わる

変えようとするのではなく、実践をすることで自然に自分が心地よいと感じる生活習慣に変化していきます。その変化をサポートします。

身体が変わる

エクササイズとしての効果だけでなく、自分に必要なことに気付くことで身体のバランスが整います。心地よく健やかな身体を手に入れましょう。

心の在り方が変わる

ヨーガは心の科学です。「心」は本来ネガティブで、直接アプローチ出来ないもの。身体と呼吸を利用して「心」の穏やかさを手に入れましょう。

自立する

依存しない態度を養うことは、自分に自信を持つことや安心感につながります。自立した実践を身につけるためのサポートを致します。

つながる

自分自身とつながりを感じることは、他の人とのつながりも深めてくれます。安心感と温かさを感じる本来のヨーガの教えをシェアします。

医療従事者の方へ

補完代替医療としてのヨーガ

医療従事者の方々へ知っていただきたいこと

西洋医学の進歩は、多くの人々の命を救い、難治と言われていた病気を含む多くの疾患が治癒や症状の軽減を得られる時代になりました。 その中で、日本の医療水準は、世界的に見ても非常に高いと言えましょう。 恵まれた医療環境の中で、新たに浮き彫りとなっている問題もあります。 近年特に増えている、不定愁訴(検査をしても、異常値や異常な部位が特定出来ず、診断がつかない症状の総称)を訴えて医療機関を訪れる人々に対する医療的なサポートや、終末期医療を含む緩和医療は、現時点で十分に機能しているとは言い難い現状にあると思います。 日本経済においては、医療費の増加が問題となっており、予防医学のさらなる充実が望まれ、その需要が高まっている時期とも言えましょう。

現在の医学の主流は、臓器別の医療です。WHOの健康の定義にも謳われているように、一人の人間として身体だけでなく、精神面を中心とした心の健康、そしてスピリチュアルなレベルでの健やかさを含む統合的な医療が求められている時代でもあります。 ヨーガでは、人間を身体だけでなく、心と魂レベルの複合体として、全てのバランスをとることを目指して実践を行います。 身体的なエクササイズだけでなく、人としての在り方を基礎として、呼吸を利用した自律神経調整法や、集中や瞑想のテクニックによる脳のトレーニングをすることで、心を整え、人間本来の健やかな状態を目指すもの、それがヨーガ哲学です。 伝統的なヨーガの心の在り方、実践方法を、医学的・科学的な根拠に基づきお伝えすること、全ての人の健康のために努めること、それがチャンドラの使命だと考えています。

活動・監修実績

通常クラスや講座に関する
ご質問、開催依頼等はこちらから

お問合せフォーム

通常クラスやワークショップの
参加お申し込みはこちらから

予約フォーム