【満席】マインドフルネスストレス低減法(MBSR)8週間コース (in Training)

🎀このコースは満席となりましたので、募集を締め切らせていただきます。
MBSR8週間コースに興味がおありの方は、IMCJのウェブサイトをご覧いただきますと、正式なMBSR講師による8週間コースの参加募集がアップされています。

はじめに

医師でヨーガ講師の齊藤素子です。
昨年4月からInternational Mindfulness Center Japan主催 MBSR(マインドフルネスストレス低減法)講師養成講座を受講中です。
今年10月に修了するための課題として、MBSR正式指導者である担当講師からスーパーバイズをいただきながら、実際に8週間コースをグループに指導するという学びをさせていただくことになりました。
興味をお持ちの方は、是非、以下のご案内をお読みになり、最後の「お申込みフォーム」からご連絡ください。

場合によっては、他の正式なMBSR講師による8週間コースへのご参加をお勧めさせていただく場合もございます。私自身がトレーニング生であることをなにとぞご理解の上、参加をご検討いただければ幸いです。

《参考》私がMBSRを学んでいるIMCJ主催のMBSR8週間コースのご案内は、こちら「IMCJ」をご覧ください。

MBSRとは

MBSR(Mindfulness Based Stress Reduction:マインドフルネスストレス低減法)は、1979年 マサチューセッツ大学メディカルセンターのストレス低減クリニックで、Jon Kabat-Zinn博士とその同僚によって開発されました。
このプログラムは、もともと、慢性的な痛みやストレスを抱える人に向けて開発されたもので、取り除くことが難しい痛みに対し、それとうまく付き合っていくことを学ぶことで、人生をより豊かにしていくことを目的としています。
今日では、世界中の医療機関だけでなく、福利厚生機関、教育機関、行政、会社経営の現場等で、広く利活用されています。

「MBSR 8週間コース」について

MBSRは、連続した8週間のコースです。8週間かけて、ストレスに対する自分自身の向き合い方のトレーニングを行っていきます。
週1回のグループクラスと、毎日の個人練習によって構成されます。
また、6週目と7週目の間には、終日練習に取り組むプラクティス・デーが組み込まれています。

《週1回のクラス》
各回2.5~3時間のクラスで、実際の瞑想の練習による体験的・直接的な学び、感情やストレスについての知識についての学び、そして講師や参加者とのやり取りを通じて理解を深めることにより、自分自身の学びを深めていきます。
《毎日の個人練習》
各週のセッションの間の6日間は、各自1日45分以上の個人練習を行うこととなっています。
《プラクティス・デー》
1日を通して、ご自分と向き合い実践に浸るリトリート形式でご参加いただきます。
8週間コースで学ぶことを、どのように日常に活かし、ご自分で継続した実践としていくかの大きなヒントになることでしょう。

開催スケジュール

・オンライン・グループクラス(金)19時半~22時 6月10日・17日・24日・7月1日・8日・15日・22日・29日
・プラクティス・デー 〖対面開催〗7月16日(土)9時半~16時半

内容

《0週》事前オリエンテーション
お申し込み後、講師 (in Training)との1対1のオンライン面談で、コースの概要、進め方、ルール、8週間をやりぬくための方法等についてミーティングを行います。オンラインで30分程度を予定しています。

 

《1週》マインドフルネスを探索する
コースの概要を理解し、マインドフルネスをどのように生活に取り入れていくかを学びます。食べる瞑想、呼吸の瞑想、ボディスキャンなどを通じ、体験的に今の瞬間と関わることを経験します。

《2週》世界と自分自身をどのように感じ取るか
ものの見方が自分自身の物事への反応に影響を与えるという、重要な考え方を学びます。このセッションにおいて、感覚や思考パターンを観察し、ボディスキャンを通じてストレスに対する反応への気づきを養います。 困難に対する感覚や反応の仕方を変えることにより、自分の心身のストレスについて変化が現れます。

《3週》自分自身の身体とともにある
マインドフルヨガ、座る瞑想、歩く瞑想に取り組みます。これらの練習を通じて、特別に時間をとって行う練習から、日常生活へマインドフルネスの要素を組み込んでいくことを学んでいきます。マインドフルであることは、喜びと力の双方をもたらすことに気づくかもしれません。また、練習を通じて、快、不快の両方について探索する機会が得られます。

《4週》ストレスとは何か
マインドフルネスの練習を通じて、自分の体験に対する興味深さとオープンさを養い、このプロセスを通じて注意をコントロールする能力を高めていきます。この週は、集中力と注意の範囲を広げていくことを学びます。ストレスのかかる状況に対して、より上手に対応していくことを学びます。

《5週》ストレス:自動的反応かマインドフルな対応か
コースの折り返し地点として、マインドフルネスについての基本的な考え方を明確にし、より具体的な困難やストレスに対してマインドフルに対応していくことを学びます。ここでは、自分自身がいつもぶつかる繰り返し現れるパターンを、マインドフルな態度によって解体していくことを体験します。

《6週》マインドフルなコミュニケーション
ストレスのかかる状況の中で、バランスを保とうとする能力が私たちには備わっています。この週は、マインドフルネスを通じて、内なる力を高めていくコーピング(ストレス反応への対処法)について学んでいきます。また、他者とのコミュニケーションに困難を感じる、などの対人関係にも適用出来る「気づき」や「今にあること」についても学んでいきます。

【プラクティス・デー】(対面でのリトリート形式)
6週目と7週目の間に、リトリート形式による終日のセッション(9時半~16時半:参加者の皆さんと相談して開始時間を最終調整します)を行います。生活すべてにおいてマインドフルネスを活用していく機会となります。

《7週》自分自身をいたわる
マインドフルネスは、生活の中で生かされてこそ価値があるものです。毎日時間をとって行う「フォーマルな練習」は必要不可欠なものですが、これは日常生活でマインドフルネスを活用するための基礎練習です。この週では、如何に日常生活のなかでマインドフルネスを実践するかについて学びます。

《8週》振り返り、前に進む
最後に、コースを通じて学んだことを振り返ります。今後、どのように日常を送っていくか、考えてみましょう。マインドフルに生活していくために困難なこと、使えるもの、自分の態度はどのようなものでしょうか。このプログラムの最後であり、また、今後の人生の始まりとなるセッションです。

注)上記は、一般的な進め方です。参加者のニーズによっては、若干の変更が生じる場合がありますので、ご了承ください。
注)上記コースは、担当講師(in Training)である齊藤が随時、正式な指導者のスーパーバイズを受けて進められます。コースでの経験をスーパーバイズ・グループ(齊藤含め4名)とも共有することになりますが、それ以外への情報共有はなく、個人情報の守秘も厳守いたしますので、ご安心ください。

《講師》
齊藤素子(MBSR講師 in Training、医師、医学博士、ヨーガ講師)

《受講場所》
週1クラス:オンライン会議システム Zoom(受講者の皆様は無料でご利用いただけます。事前にアプリのダウンロードをお願いします)
プラクティス・デー:福井での対面開催 or (未定)

《募集定員》
10名まで
仮登録:満席です(1月17日現在)

《申込〆切》
満席のため、募集を締め切りました。
有難うございました。

《受講料》
52,800円(税込価格)
*受講料の中から事前お振込み金5,000円をお振込みいただいた時点で、事前面談の調整をさせていただきます。(下記のキャンセルポリシーをご参照ください。)

お問合せをいただいた後の流れ

→受講料の一部をお振込み。
→事前面談の日時を予約。
→面談前にアンケートにご回答いただきます。
→オンラインで約30分の個人面談。
→受講の有無を決定。
→受講料の差額をお振込み=参加お申込み完了

《受講に際しご用意頂くもの》
インターネット環境
インターネットに接続できるデバイス(PC/タブレット/スマートフォン)

《コースで提供されるもの》
コースハンドブック(印刷したテキストを郵送いたします)
練習用の音源

《無料のオンライン説明会》
2022年1月14日(金)19時半~20時半
説明会の参加お申込みは→こちら

《受講者に求められること》

• 個人練習は、1日45分間の瞑想が求められます。しっかりと時間を確保し、練習を通じて自分自身の体に落とし込んでいくことが必要なコースです。
• 全コース8回について、すべてのセッションに参加することが求められます。
• セッションをやむを得ない理由で欠席または遅刻する場合は、あらかじめ講師へ連絡を行う必要があります。
• 精神疾患等により医療機関にかかっている場合等、参加が認められない場合があります(事前インタビューでインストラクターより確認があります)。※例:境界性パーソナリティ障害、統合失調症、薬物依存、アルコール依存、摂食障害、過去に自殺を試みた経験があること、など。
• 当コースは医療行為ではなく、またその代替行為ではないことを理解していること。
• 参加は自らの意思であり、他人から参加させられているのではないこと。
• グループワークに際しては、参加者お互いに敬意を払い、オープンな心で臨むこと。
• セッション中には、自分自身の体験についてシェアする場がありますが、シェアすることは強制されるものではなく、またシェアする場合でも差支えない範囲で行います。セッション中に共有されたことは、セッション以外の場に持ち出さないよう、参加者にはお互いに秘密性の約束により安全性への配慮を行っていただきます。
• なお、参加者相互のプライバシー保護の観点から、クラスはファーストネームでの参加とし、受講期間中はSNSやメール等を通じた相互のコミュニケーションは原則として行わないこととなっています。
• スーパーバイズを受け、受講生へのより良いコース提供の目的で、クラスを録画することがあります。予めご了承ください。

《キャンセルポリシー》
• 事前面談の結果、申込者理由により、面談後3日以内に参加のキャンセルを ①チャンドラのお問合せフォーム ②メール のいずれかで申し出た場合、事前お振込み金(5,000円)から決済手数料を除いた全額を返金致します。
• 事前面談の結果、 講師側の判断で受講をお断りする場合、決済手数料を除き、事前お振込み金(5,000円) 全額を返金致します。
• 事前面談で納得していただいた上で受講をご希望された場合に、受講料の差額(47,800円)をお振込みいただきます。お支払い後は返金致しかねますので予めご了承ください。ただし、急な体調不良により受講が出来なくなった場合には、正式なMBSR講師に認定された後に開催するMBSR講座(受講料はin Training時の今回と同額ではありません)の受講費の一部に充てることが可能です。

お申し込み

お申し込み講座名

お名前 (必須)

メールアドレス (必須)

電話番号 (必須)

住所 (必須)

備考欄