緩和ケアを学ぶこと

For me, to know about the concept of palliative care is very beneficial for everyone. Because no one can escape from suffering in one’s whole life.
Also so called “palliative care” should be applied not only for end of life but also from the moment when the person knows about the suffering especially cancer.
We are all dying being equally in a sense just after birth. That is “life”.
Yoga is the way of life. And the aim to learn yoga is to know your true nature. What is the purpose of this life?
Ananda, the supreme bliss, can’t get from the action for yourself but others, I’ve learnt from yoga.
The happiness for others is your happiness actually because we are one.
Every piece which I’ve learnt is placed in the right spot one after another, I feel.

Lokah samastah skhino bhavantu.
May all beings be happy, peaceful and free from suffering…

緩和ケアを学ぶことは、全ての人に恩恵があると思います。それは、一生のうちで苦しみが全くない人はいないから・・・。
なおかつ「緩和ケア」と言われるものは、終末期だけでなく、わずらい(特にガン)を知った瞬間から適応されるべきだと考えます。
私たちは、等しく「死にゆく存在」です、生まれた瞬間から。それが「生きる」ということだから。
ヨーガは生き方そのものです。ヨーガを学ぶ目的は、自分の本質を知ること。この人生の目的は何なのか・・・。
アーナンダ(至福)は自分のための行為からは得られないとヨーガでは言います。誰かのための行動が、至福の喜びをもたらすものだと・・・。
自分ではない誰かの幸せが、実際には自分の幸せになる。私たちはひとつだから。
今まで学んできたことのピース一つ一つが、次々と自分の中であるべき場所に収まっていくように感じています。

生きとし生けるもの全てが、幸せで、平和で、苦しみから自由でありますように。

About motoko